スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    #024 新聞配達-高校一年

    [ひきこもり] ブログ村キーワード

    新聞配達・・・・・1997年5月・・・<高校1年> 
    高校に入学して、いつしか携帯電話を使い始めている。 

     携帯料金まで小遣いとしては渡せない。 と釘をさした結果が新聞配達
    言い換えれば、早朝のアルバイトである。 これも責任感ある仕事。

     一度配り始めると自分の都合で休めないのが新聞配達
    どこまで根性があるか見たい気もしたのである。

     「遅刻・居眠り等の悪影響がでたら、新聞配達を止める」を条件に認めた。
    もちろん、高校への届出・許可は取ろう筈も無い。

     我が家から400メートルくらいの所に、読売新聞の専売所がある。
    読売新聞・スポーツ紙・経済新聞を配るらしい。
     
     自転車の荷台にプラスチックの箱、前側には自転車用の大きめのカゴ。
    寝静まって人目に付かない時間帯での配達。

     決して格好いいとは言えない、頑丈な自転車。 ブレーキも旧式のメカのもの。
    握りのとこからワイヤーの今流のものと違う。 だから一直線のハンドル。
    これが息子の乗ってた新聞配達用の自転車だ。 これに乗り換えての配達である。

     初日は、4時過ぎに自分の自転車で出掛けて行った。
    次の日からは4時30分頃である。 時折、「起こして!」と頼まれる。
    寝るのも早いが、起きるのも早い私が、目覚まし時計である。

     4時30分を過ぎると、私のほうがイライラしてくる。
    頼まれないのに、つい起こしに行ったものである。

     雨の日は、カッパを着ているものの、ビシャ濡れになって帰ってくる。
    それから、ひとッ風呂浴びて食事まで横になっている。
    晴れた日も、シャワーだ。

     最初の頃は、ションボリ帰ってくることが時折あった。
    新聞の未配・誤配だ。 新聞屋の大将が、頭を下げての再配達。
    翌朝、お叱りを受けるものだから、元気がない。

     幸い、大きな目覚まし時計がいたものだから、配達のドタキャンはなかった。
    6月に入って間もなく平日に、新聞屋の大将が息子に渡してくれと給料袋を持参。
    オイオイ、自分で渡せよ と思いながらも預かる。
    一刻も早く、給料を渡してやりたかったとのことであった!


    <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
     季節柄、冬だと大変だろうとつくづく感じた。 
    早朝の郵便受け、新聞が入っていて当たり前。 遅いと専売所に苦情の電話。

     これを書いてる時間・・・4時30分・・・今、朝日新聞が届いた。 息子とは違う専売所からのバイク配達。
    外に出て周囲を見渡す。 田舎の民家、電気は一軒も点いてない。
    顔は分からないが配達員さん、ご苦労様。 気を付けて!
    <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


     3ヶ月配った新聞配達を、止めると言う。 
    しんどい割に給料が安い。 数十軒で1万円余りとか。 
    時は夏休み、何かアルバイトの情報でも得たのであろうか。

     三日坊主でなかっただけ、良しとするか!
    ちなみに長男、高校2年の時(転居して来る前の話)に新聞配達をしたらしい。
    「受験に差し障る、やらないほうがいい」の担任の言葉を無視。
    強行突破。 が、ことわざ通り三日で止めたらしい。 「俺には合わない!」 と。
    昨日、妻から聞いた。 私は、初耳。次男もそれに挑戦していたのである。


     大人もそれぞれ、子供もそれぞれ。 
    多くの実践・体験は、人間を豊かにする」と思う。 見聞のそれとは、また趣が違う。
    息子たちが自分で決めたことには、出来るだけ応援してきた。


     3ヶ月でもよくやった。 新聞配達の苦労を味わった。 見る目が違ってきたと思う。
    我が息子(次男)の体験型の試練、それも脇道にそれる試練をあえて選ぶ性格。
    これからも続くであろう試練。 大いに挑戦しろ!


    高校二年生でまたもやバイクで新聞配達をするが、とんでもない事態を招くのである!


    <新聞配達に関するメモ>
     山田太郎さんの「新聞少年」という歌もあった。
     ・・・歌詞のURL・・・
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
    しょうこさん、コメントありがとうございました。
    私の叔父が、大阪で新聞の専売所をやっておりまして(昨年他界)、新聞配達の学生が寮に住んでいる。 朝刊と夕刊を配っている。 かなりな部数。 もちろん、朝日新聞の奨学生。
    「奴は根性がある。 何をやっても成功するであろう」 と。 毎日のことですから、大変でしょう。
    毎日のコツコツとした努力が、大きな自信へと繋がっていくのでしょう。
    親に頼らず、自分で学費を稼ぎながら大学に通う立派な大学生もいるんですね。
     コメント、ありがとうございました。
    2009/06/06(土) 17:40 | URL | こわれたバット #-[ 編集]
    いきなりコメント失礼します。
    新聞配達って大変ですよね。
    友達が新聞奨学生っていうのをやっていて飲み会もあまり参加できなくてちょっとかわいそうな気もしました。
    私が参考にしているブログです
    http://radiance4u.jp/
    子育てって大変ですよね
    よかったら参考にしてくださいね
    2009/06/02(火) 18:57 | URL | しょうこ #/9hBKkrU[ 編集]
    アレサさん、いつもコメントありがとうございます。
    どんな苦境の中でも、これは続けるというものをひとつでも持つことは、
    必要なことでしょうね。 又、それを続けることが自信につながるかも。
    いいアドバイス、ありがとうございました。
    2009/05/29(金) 10:15 | URL | こわれたバット #-[ 編集]
    いくら眠くても朝のラジオ体操に参加するよう、ガチンコ生活改善を試みています。

    有限実行になればよいのですが、笑
    2009/05/28(木) 16:06 | URL | アレサ #-[ 編集]
    サプリメント管理士さん、コメントありがとうございます。 このところ徹夜続き、今徹夜仕事の合間にコメントしております。 一段落しましたら、ゆっくり返信させて頂きます。 悪しからずご了承下さい。 コメントありがとうございました。
    2009/05/28(木) 04:54 | URL | こわれたバット #-[ 編集]
    パックさん、コメントありがとうございます。 このところ徹夜続き、今徹夜仕事の合間にコメントしております。 一段落しましたら、ゆっくり返信させて頂きます。 悪しからずご了承下さい。 コメントありがとうございました。
    2009/05/28(木) 04:53 | URL | こわれたバット #-[ 編集]
    我が家の娘たちも 高校入学と同時に アルバイトをするようになりました。
    学校では禁止されていますが 私たち夫婦の考えとして
    アルバイト賛成でしたので 許可したのです。
    まず、働くことの大変さを身にしみて感じたようです。
    例えアルバイトでも仕事の重さは正社員と同じ。
    ドタキャンをすれば 他のメンバーに迷惑がかかる。
    他人の中で生活すると わがままも言えませんしね。
    ほとんどの学校が アルバイト禁止としていますが いい面も多いんですがねぇ~^^
    2009/05/27(水) 23:32 | URL | サプリメント管理士 #hxjklqKc[ 編集]
    こんにちは。

    自分にできない代表的な仕事が新聞配達だと思っています。
    雨の日も、風の日も、雪の日も、朝早く起きて欠かさず配る配達員には感謝するしかありません。
    それだけ苦労して配っても、ちょっと遅くなると電話で苦情を言う人がいるようです。
    息子さん、3ヶ月間、良く頑張りましたね。

    新しい仕事にチャレンジされるようですが素晴らしいですね。
    ご成功をお祈りします。
    2009/05/27(水) 18:12 | URL | パック #-[ 編集]
    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    http://fc1039642.blog49.fc2.com/tb.php/27-046fecc4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。