スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    #021 老人への親切

    [万引き] ブログ村キーワード

    老人への親切・・・・・2009/4/16

     1997年9月・・・・・・・・・<高校1年> 

     いつも不良な出来事ばかり記しているので、今日は名誉回復話をします。
    夏休みも終わり、二学期も始まっている。 我が家にも平穏な日々が戻っている。

      二学期が始まって一週間くらい経った頃だろうか。
    「つかぬ事をお尋ねしますが、※※※高校へ行かれている息子さんはおられますでしょうか?」と、
    女性からの電話が入る。 言われる子供の特徴は、かなり似ている。
     我が息子に似ているが用件は何かと尋ねると、「父親の件で」と話が始まった。

     8月の終わり頃、その女性の70歳代の父親が※※郵便局に用事で出かけた。
    用事を済ませ、建物から出て数歩のところで転んだ。 ついてた杖も遠方へ飛んだ。
    痛みもあり途方にくれているところへ、自転車を止めた息子が手を差し伸べたと言われる。
    「大丈夫ですか?」と、杖を拾い立ち上がらせてくれた。 「痛いところはないか?」とも。

     若い子に親切にされた嬉しさから、痛みも和らいだ。 自転車に張ってある高校名が入ったステッカー(高校の自転車整理番号のことらしい)から、探し当てたと言われる。 
    確かに、自転車後方より、ハッキリ認識出来る。 そこまで言われると、こちらもその気になる。
    困っている人には、躊躇なく声をかける性格があるので、益々その気になる。

     高校に電話したら、数人該当者がいるということで、教えてもらった電話番号へ電話している と。
    (今は、個人情報保護法で教えてもらえないと思うが、当時は教えてくれたのであろう)
    家から通う県外の高校であるから、この地区からの生徒は少ない。

     子供の特徴は似ているし、行動パターンも納得できるし、おそらく我が子でしょうということになった。
    残る電話番号もひとつだからと。

     ついては、父が是非お礼がしたいというので、子供さんの名前と、住所を教えてくれと言われる。
    お気持ちだけで充分ですと言ったのであるが、是非にということでそれを告げる。
    老人への親切か!

     下校してきた息子に、郵便局と転んだ老人の話をすると、「痛そうだったので、自宅まで連れていってあげようと思ったが、歩いて帰れると言われたから」と。
    ヤッパリ、お前だったか! 電話の内容を伝えると 「フ~ン!」 と一言。


     その場に居合わせたら、我が子で無くても、誰だってそれくらいの事はする。
    親ばかが先回りすると、周りが見えにくくなる。  その証しに、

    住所・名前は伝え、あれから12年経つが、未だ何も届いてない!


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント
     パックさん、コメントありがとうございました。
    GWも終盤のこの時期、やっと返信致しますことお許し下さい。
    拙論・拙文なる我がブログに過分なるお言葉痛み入ります。

     直球での紆余曲折を繰りかえす親の翻ろう振りを見て来た息子。
    巣立っての生活。 経験を無駄にしないで欲しいと願うばかりです。
    リンク重ね々ありがとうございます。
    2009/05/06(水) 17:55 | URL | こわれたバット #-[ 編集]
     かのこさん、コメントありがとうございました。
    手を煩わせた子は、逆に人の痛みがよく分かります。
    心優しいお母さん育まれたお子さん、無駄に人生を送ってないんですね。

     離れ離れの生活とは、止むに止まれぬ事情があってのことでしょう。
    12歳といえば多感な時期、双方に身を引き裂かれる思いだったでしょう。
    でも、離れていても親子は親子。 心を伝える手段があるのであれば、
    遠くの空の下から子を思う親の気持ちが届けられればいいですね。
    (細部の事情が分からず記しております。余計なことであればご免なさい)
    立派に成長されますよう、祈っております!
     いつもながら、コメントありがとうございました。
    2009/05/06(水) 17:20 | URL | こわれたバット #-[ 編集]
    こんばんは~!

    嬉しいお話ですね。。。
    我が子も、問題児振りをかなり発揮してくれていましたが、あるとき行き倒れの女性の為に、周りの大人たちが行動のあり方に、躊躇している隙に、助けを呼びに走り・・・

    お茶を口に含ませ、自分のタオルを貸した・・・
    其処で、救急車と連絡を受けた公園管理と
    当時、通所していた『児童相談所』の職員が
    駆けつけてきた~!

    周囲の大人たちは、皆一様に ほっとして
    それぞれの家路へ。。。

    我が子の、心の奥にある優しい一面を垣間見て、うれしかった記憶が蘇ってきます。。。

    その後、事情から 12歳から、我が子とは
    離れ離れの生活となりましたが・・・
    我が子は、今、大阪のグループホームで暮らし、少年らしい瞳を少しずつ取り戻しています・・・

    2009/05/03(日) 19:06 | URL | かのこ #-[ 編集]
    記事に引き込まれて拝見していました。

    親子の係わりが現在ほど難し時代は、日本に無かったと思います。
    日本全体の価値観の喪失が教育に現れているためでしょう。
    「家貧しくて孝子出ずる」の格言の対極である、豊かさの代償でもあります。
    親の愛情を受けて育った子供は、これ以上親を悲しませてはいけない線を、
    わきまえています。ご子息もご両親の愛情を充分身に受けて育ったのだと思います。

    親子の係わりを赤裸々に語られていて、素晴らしいブログです。
    この記事が立ち直りのきっかけになる方もいらっしゃると思います。
    このブログが多くの方の参考と共感に結びつき、教育を考えるきっかけに
    なることを願っています。
    リンクさせて頂きますのでご了承下さい。



    2009/04/20(月) 20:29 | URL | パック #-[ 編集]
    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    http://fc1039642.blog49.fc2.com/tb.php/24-4ab05654
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。