スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    #040 高校生の喫煙・・・1/2

    [青少年育成] ブログ村キーワード

    高校生の喫煙・・・1/2

    高校2年の2学期夕方-彼岸前後位の時期だったと思う。

    今も残る網戸のタバコのこげ跡
           <タバコの火で焦がした跡が今も残る網戸 >

     自宅の玄関を開けると、4人分の靴が散乱している。
    台所にいた妻に尋ねると、息子の友達がきている と。

     先程、飲み物を持って行ったのだけれど、タバコの臭いがした。
    「絶対に部屋でタバコを吸っている。 注意してきてよ!」と妻。 

     ヘビースモーカーの私だけど、自宅建物内では吸わない。(当時)
    吸わない妻に言わせれば、「タバコの臭いはすぐ分かるのよ!」 と。

     まともに注意しても、反発してくるのは分かっている。
    「ウ~ン!」 僅か2~3分であっただろうか、考えを整理する。

     大きめ灰皿を持って、息子の部屋のドアをノックする。 
    「こんばんは、ちょっとごめんよ!」と言って部屋に入る。

     息子を含め4人。 2人は顔見知り、1人は新顔だ。
    臭いが立ち込めている。 僅かに煙も棚引いている。
    誰だか、吸っている最中だったのであろう。

     「ホイ、この灰皿に入れろよ。」 と輪の中央に置く。
    1人が背中に回していた手の火のついたタバコを、その灰皿でもみ消した。

     「君たちは、まだタバコを吸ってはダメだろう!」
    と、切り出した。 すかさず、「おじさん、どうして吸ってはいけないんですか?」 ときた。

     法律がどうだこうだと言って、内心は分かっていても、それで納得する連中ではない。
    「持っているタバコを、ここに出してみろ!」 と言うと、灰皿の周りに2箱集まった。


     続きはまた次回!





    スポンサーサイト

    #039 夜回り先生・・・さよならが言えなくて!(ドラマ)

    [青少年育成] ブログ村キーワード

    夜回り先生・・・さよならが言えなくて!(覚せい剤の地獄ドラマ)


     9/18日の20:00~21:48にテレビ朝日系列にてドラマス特別企画が放送された。
    さよならが言えなくて~子供たちに迫るドラッグの誘惑、夜回り先生の苦悩。

     原作は 水谷修著 の作品 「さよならが、言えなくて~助けて、哀しみから」 である。
    水谷修先生といえば、夜回り先生のことである。 ドラマ「相棒」の寺脇康文さんが演じた。

     (水谷修著 の本については、このブログの右サイト中段辺りにある)

     日が暮れてから動く・集う若者達。 夜の世界で声を掛ける夜回り先生
    今も続く十数年余りの夜回り。 不登校、ひきこもり、リストカット、薬物乱用・・・・。

     折りしも、「のりぴー」こと酒井法子の覚せい剤(取締法違反)ニュースと重なる。
    一般人から大学生~小学生へと低年齢層まではびこる。
    常習すると、確実にボロボロの身体への一途をたどる。 思考能力をやられる。

     きっかけは何であれ、絶対に手を染めてはならない。 若者よ!
    先生の著書を読んだ幻覚・禁断症状にのたうつ園田奈央(谷村美月)からの手紙。
    止めたいのに止めれない、救いを求める叫びの文面。また先生の奔走が始まる。

     薬物依存との闘いは、本人の意志や周囲の愛情だけでは泥沼から脱せない。
    医療や支援施設の力が不可欠だ
    。のりぴーも保釈後、医療施設へ入った。

     このドラマも、手放しのハッピーエンドで終わらない。 
    心の支援を唱える先生、施設へ向かう奈央の二人の後姿。 余韻を残す。

     手を染めてしまった過去を振り返っても仕方がない。 これから先が大事だ。
    誰かに相談しよう! 周囲の人・家族・親戚・先生・・・・・。
    顔を見て言えないなら、保険所・医師会・役所(少年課)・・・に電話をかけて相談しよう。


     悩みを抱えたまま自滅しないで欲しい。 若者よ心の叫びを表に出そう!
    小さくても光が必ず見えてくる。 我が息子も帰らない日々があったが、親子で会話があった。
    夜回り先生に限らず、すさんだ若者を見るのは忍びない。

     19日(土)の19時頃、駅前市街地をタクシーで通った。 様々なネオン!
    私も持っている緑色の青少年補導員ジャケットを着た5~6人を窓越しに見かける。
    シルバーウイークの始まりである。 若者に限らず大人も浮き浮きしている時間帯。
    補導員さんも一杯呑みたいであろう。 ご苦労さん!



    #038 薄いかばん・・・中身は何!

    [青少年育成] ブログ村キーワード

    薄いかばん・・・中身は何!


     9/8日から、工場内の機械類の処分が始まった。9/18日まで続く。
    ピンポイントで工場に出向く。 一方、刀の処理は教育委員会からの連絡待ち。
    夜は、祭りの練習への顔出し。 そのスキ間の本業(図面屋)の仕事となった。

     悲報続きの影響で、本論から暫く離れておりました。
    徐々に、タイトルの本論に戻ります。 本日は軽くジャブ程度に!



     高校時代は中学時代と違い、アルバイト疲れで遅刻しても学校に通う息子であった。
    新聞配達(通算2回)・24時間営業のカレーショップ・24時間営業の大型スーパー・その他。

     高校時代の7割位の日数がアルバイト大型スーパーは10~11ヶ月位続けた。
    高校生が、深夜のアルバイトが出来る訳が無い。
    履歴書には、20才と記入していたと、本人の後日談。

     新聞配達は、朝刊のみで早朝であるが、深夜のアルバイトは大変だった。
    学校から帰ると、9時頃まで就寝。夕食・身支度を済ませ深夜のアルバイトへ。

     予習・復習などする時間は、とうてい無い。
    平日は数教科の授業がある筈だ。 それにしても、かばんが薄い。
    弁当を持って行かない日は、ペッタンコのかばん。

    学校には、昼寝をしに通っていたのか? オイオイ、頼むぜ 息子よ!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。