スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    #011 不良・非行・いじめ・ひきこもり・・万引き・等々子供に関する悩みに、元気の出る参考書籍

    [万引き] ブログ村キーワード
    [ひきこもり] ブログ村キーワード
    ・・・・・ #011 ・・・・・

    << 不良・非行・いじめ・ひきこもり・万引き・・
       子供に関する悩みに元気が出る書籍 >>


     このブログ(ひきこもり)を書きはじめて、参考になる情報を頂きました(殆ど書籍化のものです)。左右のサイドバーに、著者と題名を載せました。 
    本屋で立ち読み出来ない場合、利用して下さい
     問題の中にいる当事者・周りに居る両親様等々・・、次々起きる問題に躊躇するばかり。予備知識として、下記の方々の経験談を参考にし、自分の基礎力として問題に立ち向かって下さい。
     読むと必ず役に立ちます。 最近、大平さんの 「だから、あなたも・・」・「あなたはひとりじゃない・・」 を読みました。  (amazon のお急ぎ便で注文して、次の日に届きました。)
    別の問題で、あの当時読んでいたら(出版されてませんでしたが)、楽な展開でもっと早く解決していたと、つくづく感じました。 人に相談出来ないものですから・・・、
    本が相談相手になってくれます。
    あなたが ・子供さが、一日も早く問題から解放されること願っております。




     著者 大平 光代 (おおひら みつよ)さん
     1965年生まれ。 
    中学の頃いじめにあう。 14歳、カミソリで切った血で遺書を書く。
    果物ナイフで腹部を5箇所刺す割腹自殺をはかる。 退院後非行に走る。
    観音様と蛇刺青(いれずみ)をいれたのが16歳。 暴力団組長と結婚。 22歳で離婚。 クラブのホステス。 後に養父となる大平浩三郎さんと言う人との運命的再会の後、更生の道へ邁進(まいしん)。

     中卒の学歴で宅地建物取引主任者司法書士次々合格。
    大学の通信教育部法学部から、29歳で最難関の司法試験に一発で合格。弁護士の道へ。 大阪市の助役を経験し、現在、非行少年の更生に勤める熱血女弁護士

     全259ページに、34年間(現在44歳)の壮絶な人生がある。
    背中の刺青は、生きてきた証し。 背負ったままで世の中の役に立つことがしたい と。

    <書籍タイトル>
     ● だから、あなたも生きぬいて
     ◎ あなたはひとりじゃない-悩める母たちへ子供たちへ
     ◎ あなたなら、どうする

        出版本につきましては、右サイドバー中側にあります。



     著者 水谷 修 (みずたに おさむ)さん (夜回り先生
      少年少女の非行や薬物依存症問題に尽力。5000人を超える青少年に立ち向かう。
      1956年生まれ。
      夜間に繁華街をパトロールすることから「夜回り先生」との異名を持つ。
      TVドラマ放送(寺尾聡氏熱演)・元高等学校教諭・児童福祉運動家・教育評論家

    <書籍タイトル>
     ● 夜回り先生
     ◎ 夜回り先生と夜眠れないこどもたち               
     ◎ 夜回り先生こころの授業
     ◎ こどもたちへ夜回り先生からのメッセージ
     ◎ 夜回り先生のねがい
     ◎ いいんだよ

        出版本につきましては、右サイドバー中側にあります。



     著者 義家 弘介 (よしいえ ひろゆき)さん (ヤンキー先生
      1971年生まれ。
      高校2年暴力事件起こす・両親より絶縁・長野から北海道余市高校編入。
      大学時代、バイク事故で内臓破裂。奇跡的に一命をとりとめる。
      入院中の恩師の励ましから一念発起、先生の道を歩むことになる。
      
      TVドラマ化多数・元高校教諭・元横浜市教育委員・東北福祉大学特任准教授
       ・参議院議員(自民党)

    <書籍タイトル>
     ● ヤンキー先生母校に生きる
     ◎ 不良少年の夢-全国から集まってきた高校中退者や不登校生徒と共に戦う
                 ”元不良”だった教師の熱き挑戦!
     ◎ いま、暗闇でふるえているきみへ
     ◎ ヤンキー先生の子供がわからない親たちへ 
     ◎ ヤンボコ 俺が北星余市を去るまで
     ◎ 君はひとりじゃない-ヤンキー先生の直球メッセージ
     ◎ ヤンキー先生のたからもの 天使たちの詩
     ◎ 人生の黒板:共著:松岡 修造(元プロテニスプレーヤー)

        出版本につきましては、右サイドバー下側にあります。



     著者 金崎 浩之 (かねざき ひろゆき)さん(ヤンキー弁護士
      1963年生まれ。 幼いころから素行が悪く、小学校、中学校時代は喧嘩の明け暮れ。
      暴走族幹部。喧嘩・シンナー暴走行為・補導歴多数。
      高校中退後、定時制を経て京都外国語大学英米語学科に合格。
      フリーターをしながら司法試験に合格。
      「名うてのワル」が法の番人となるまでの波瀾の半生記。

    <書籍タイトル>
     ● ヤンキー、弁護士になる
     ◎ 暴走族と司法試験

        出版本につきましては、右サイドバー下側にあります。




     著者 宮本 延春 (みやもと まさはる)さん
       小学3年からいじめられ転校を繰り返す。精神的・肉体的に酷いいじめにあう。
       リストカット(手首を切る)まで決意。中学通知表オール1・漢字は名前くらい
       ”九九”も満足に言えない。 職業訓練校卒業後、大工見習い・フリーター・・
       一念発起、23歳”九九”をマスター・24歳定時制高校入学・27歳名古屋大学入学・大学院で宇宙物理学専攻・TV朝日「スーパーモーニング」で放送
       ・「徹子の部屋」出演 ・TBS「金八先生」ドラマの中で紹介され話題沸騰
       36歳の時に、私立豊川高等学校の教諭に採用され現在に至る。

    <書籍タイトル>
     ● オール1の落ちこぼれ、教師になる
     ◎ 未来のきみが待つ場所へ先生はいじめられっ子だった
     ◎ キミのためにできること
     ◎ 逆境力-どん底の日々がボクに力をくれた
     
        出版本につきましては、右サイドバー下側にあります。




     著者 乙武 洋匡 (おとたけ ひろただ)さん
      生まれつき両腕両脚がないという障害を背負いながら、1浪をへて早稲田大学卒業。
      その後明星大学通信課程を経て教員免許取得。現在、杉並の小学校勤務。

      学生時代から報道番組にサブキャスターとして出演。都民文化栄誉章を受賞。
      「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」と言い切る。
      早稲田大学後輩の女性と結婚、子供がいる。
      「五体不満足」は一般書籍の部数記録としては、2007年時点で日本第3位の記録。

    <書籍タイトル>
     ● 五体不満足
     ◎ だから、僕は学校へ行く
     ◎ 五体不満足-完全版
      
        出版本につきましては、右サイドバー下側にあります。




     著者 相田 みつを (あいだ みつを)さん
      1924年~1991年
      栃木県足利市に生まれる。中学卒業後、歌人・山下陸奥に師事。
      在家しながら仏法を学ぶ。書家・岩沢渓石に学ぶ。

    <書籍タイトル>
     ● にんげんだもの
     ◎ 一生感動一生青春
     ◎ じぶんの花を
     ◎ みんなほんもの
     ◎ 生きていてよかった
     ◎ しあわせはいつも
     ◎ 大事なこと
     ◎ ・・・他 多数

        出版本につきましては、右サイドバー下側にあります。




    特集編を組んでもらいました(Amazonさんの紹介です)
     特集① 不良少年少女
     特集② 非行 
     特集③ いじめ
     特集④ ひきこもり
     特集⑤ 万引き

        出版本につきましては、左サイドバーにあります。


      <上記著者以外の方で、参考になりそうな書籍・その他 あればご紹介下さい。コメント欄使用>


    スポンサーサイト

    #010 ひきこもり ④-ひきこもり卒業!(完了)

    [ひきこもり] ブログ村キーワード

                  ドラゴンボール
                    < ひきこもり中に描いた絵・・・ドラゴンボール >

    ひきこもり ④-ひきこもり卒業!(完了) (Jr.H) ・・・・2009/1/28


     それより、極めつけの人がいる。 もっと壮絶な人がいる。
    大平光代さんだ。1965年生まれ。 ご存知の人も多いと思う。
    大阪弁護士会所属の弁護士さんだ。 2003年~2005年まで大阪市の助役。

     中学の頃いじめにあう。 14歳、カミソリで切った血で遺書を書く。
    果物ナイフで腹部を5箇所刺す割腹自殺をはかる。 退院後非行に走る。


     観音様と蛇刺青(いれずみ)をいれたのが16歳。 暴力団組長と結婚。 22歳で離婚。
    クラブのホステス。 後に養父となる大平浩三郎さんと言う人との運命的再会の後、更生の道へ邁進(まいしん)。

     中卒の学歴で宅地建物取引主任者司法書士次々合格。
    大学の通信教育部法学部から、29歳で最難関の司法試験に一発で合格。弁護士の道へ。
     大阪市の助役を経験し、現在、非行少年の更生に勤める熱血女弁護士

     全259ページに、34年間(現在44歳)の壮絶な人生がある。
    背中の刺青は、生きてきた証し。 背負ったままで世の中の役に立つことがしたい と。

     「だから、あなたも生きぬいて」 を読み終えた時、ため息は出ても、言葉は出なかった!
    波乱万丈としか、言いようが無い。

     問題に直面している本人・両親・関係者の方には、是非読んで頂きたい1冊である。 本屋の立ち読みで結構!

    大平光代-だからあなたも生きぬいて

    ・ ・ ・ ・ 本文に戻る (実質今日はここから) ・ ・ ・ ・

     ひきこもりも4月下旬に始まり、梅雨の季節を迎えた。
    息子と同じクラスの女の子も、担任の先生も同じペースで来られている。

     息子に少し変化がある様に感じる。 
    例の、僅か3~4分のシンプルな会話をしに部屋に入ったとき、マンガの本を見ながら、ドラゴンボ-ルの絵を描いていた。(上の写真)

     オッ~、うまいジャン!と言うと、かすかに笑顔が浮かんだ様な気がした。 本を見て描いているとは言え、明るい色を使っている
    (私が小学校の時、真っ黒い太陽を描き、何かあったかと、担任が母親に連絡したことがあった。)
    ドラゴンボールの絵、あれから何年経つか、まだ壁に貼ってある。

    「ばか死ね」の頃壁に描いた絵より、線もしっかりしている。
    ・・・・・・・かなり治癒された状態にきていたと思います・・・・・

     相変わらず、女の子と担任の定期便は続いている。
    担任の先生が来られ出してからは、”学校へ行く・行かない”については、先生に任せた。
    と言うより、部活・授業・・・学校がらみのことは、先生の思いに、全て任せた。
    結局、息子に学校がらみのことは、私の口から言うことはなかった。

     食事の時も、時折顔を出すようになった。  ・・・雪解けか!

     ここまで来ると、後は早い!
    担任の定期便。  帰られるとき、「お父さん、少し宜しいですか?」 と。
    座布団に座っての話しも、久しい!

     開口一番、「明日、学校へ行きますと 本人が言いました」。 先生の顔も安堵の表情!
    2ヵ月余り。 後僅かで夏休み。 これ位で済んで良かった。
     先生にお礼を言うと、逆にお礼を言われた。
    先ず、父親の私がいつも家に居たこと。 サラリーマン勤めだと、居るとしても母親。
     過去あったんです。 頻繁に行くと母親と何かあるんだろうと近所の目がうるさい。
    母親から、先生もう来ないで下さいと言われました。

     次に、私に全て任せて下さったこと。  何の事かと尋ねると、私が帰った後、「先生と何を話したか、それでなんと答えたか」で親が介入して意見を言う。 子供が、路頭に迷うんです。 子供の”方向”が、定まらないのです。
     意見が二対一になり、そうでなくても、不安定なのに! 親と私の意見が違うものですから。
    この度は、終始一対一で、私の思い通りに、子供と接することが出来た と。

     定期便の先生がいなければ、別な形で息子と接していただろうし、学校にも出向いただろう。
    私自身が、楽な方向へ走ったのかもしれない。

     部活での、「へたくそ」 から始まった騒動!
    親の力も含めた周りの力を借りながら、子供自信が乗り越えなければならない試練。
    明日の登校、ひきこもり解禁一日目だ。 息子にとっては、プレッシャーのかかる舞台だ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
     仕事場に近づく足音。 戸を開けるや否や 「おはよう!」 の言葉。
    久し振りに交わす親子の爽やかな挨拶。 「行って来る!」 「余分な事考えるな!」 「ウン!」
    「行っておいで!」 の言葉と同時にお互いの右手が出る。
     朝の握手の挨拶が終わる。 自転車の息子が小さくなる。 握ったこぶしで「ヨッシャ!」
    自転車の息子見えなくなっていく・・・・

     保育所に行きだしてから今も続く 「行き」 「帰り」 の握手の挨拶
    30歳超えた長男とも、嫁とも、ひきこもりをやった次男の彼女とも・・・握手・・・
      (握手については、機会があれば記します)
     
    次のトラブルが、近づいているのは知らずに・・・目線は見えない自転車をまだ追っている・・・・。


    ひきこもりは、以後ありませんでした。これで、ひきこもり完了とさせて頂きます。
    ・・・・・後日、これについて、息子と話す機会がありました。 下部の 続きを読む>> にあり
    お付き合いありがとうございました


    ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
    <不良・非行、ひきこもり・・・参考書籍>
     このブログ(ひきこもり)を書きはじめて、参考になる情報を頂きました(殆ど書籍化のものです)。左右のサイドバーに、著者と題名を載せました。 本屋で立ち読み出来ない場合、利用して下さい。
     問題の中にいる当事者・周りに居る両親様等々・・、次々起きる問題に躊躇するばかり。予備知識として、下記の方々の経験談を参考にし、自分の基礎力として問題に立ち向かって下さい。
     読むと必ず役に立ちます。 最近、大平さんの 「だから、あなたも・・」・「あなたはひとりじゃない・・」 を読みました。  (amazon のお急ぎ便で注文して、次の日に届きました。)
    別の問題で、あの当時読んでいたら(出版されてませんでしたが)、楽な展開でもっと早く解決していたと、つくづく感じました。 人に相談出来ないものですから・・・、本が相談相手になってくれます。
    あなたが ・子供さが、一日も早く問題から解放されること願っております。

    大平 光代 さんにつきましては、上述記事を参照して下さい。
        出版本につきましては、左サイドバー上側を参考にして下さい。

    義家 弘介 さん (ヤンキー先生
      高校2年暴力事件起こす・両親より絶縁・長野から北海道余市高校編入・一念発起先生になる。1971年生まれ。
      TVドラマ化多数・元高校教諭・元横浜市教育委員・東北福祉大学特任准教授
       ・参議院議員(自民党)
        出版本につきましては、左サイドバー下側を参考にして下さい。

    水谷 修 さん (夜回り先生
      少年少女の非行や薬物依存症問題に尽力。5000人を超える青少年に立ち向かう。
      1956年生まれ。
      夜間に繁華街をパトロールすることから「夜回り先生」との異名を持つ。
      TVドラマ放送(寺尾聡氏熱演)・元高等学校教諭・児童福祉運動家・教育評論家
        出版本につきましては、右サイドバー上側を参考にして下さい。

    金崎 浩之 さん(ヤンキー弁護士
      暴走族幹部。喧嘩・シンナー暴走行為・補導歴多数。
      「名うてのワル」が法の番人となるまでの波瀾の半生記。
        出版本につきましては、右サイドバー下側を参考にして下さい。

    宮本 延春 さん
      小学時代からいじめられっ子・中学通知表オール1・”九九”も満足に言えない
       ・一念発起-現在高校教師
       23歳”九九”をマスター・24歳定時制高校入学・27歳名古屋大学入学
       ・大学院で宇宙物理学専攻・TV朝日「スーパーモーニング」で放送
       ・「徹子の部屋」出演 ・TBS「金八先生」ドラマの中で紹介され話題沸騰
        出版本につきましては、右サイドバー下側を参考にして下さい。

       <他の方で、参考になりそうであれば記載します>
    ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●                


         オヤジも戦っております。 応援、お願いいたします。
         にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
         コメント (叱咤激励) 歓迎いたします。
          リンク も歓迎いたします。


    続きを読む>>

    #009 ひきこもり ③-ひきこもり卒業!(その1)

    [ひきこもり] ブログ村キーワード

    油絵の具セット
               < 息子が自分の部屋に持ち込んだ油絵の道具箱とイーゼル >

    ひきこもり ③-ひきこもり卒業!(その1) (Jr.H) ・・・・2009/1/26

     何をして一日を過ごしているのか? テレビを壊してから、時間を持て余しているのではないか。
    再度別のテレビを持ち込むと、親父の逆鱗(げきりん)に触れることは承知しているだろうから・・・・。

    だが、良く出来ているもので、親が先に取り越し苦労で心配することはない。

     今度は、応接間のステレオが無い! 
    今流のコンパクトタイプではない(レコード盤主流時代のもの)。  昔のデカイタイプだ。 重い。
    スピーカー(幅=40cm)+本体(幅=1m)+スピ-カー(幅=40cm)・・・一列に並べると幅 1.8m。
    幅以外は同じ寸法 (高さ=80cm×奥行き=40cm)。

     全て、二階の自分の部屋に運んでいる。 大仕事だ。 やるな~!
    しかし、本当にテレビが欲しいなら持って行くだろうし、今までと違う自分の世界を作ろうとしているのか。

     それと、私の油絵の道具がない! 絵の具などを入れる木製の道具箱と、描いている時の木製三脚のイーゼルが無い。
     別棟で仕事をしている親と顔を合わせなくて良い日中は、一軒まるごとフリースペースだ。
    (高校時代、このフリーセペースが、とんでもない事態を招くことは、予想もしてなかったが・・・)
    日中、用事で自宅に戻った時、出くわす息子に「ヨー、元気か?」とかけた言葉も、変な感じだ。


     風呂は、昼間に適当に入っている。
    食事は、テーブルの上に、広告用紙か何かを掛けて置いてある。  きれいに食べている。 
    「一遍に片付かない」とブツブツ言いながらも、「楽しみは、食事だけだろうから・・・」と、妻。

     最初の頃、おかず類は残っていた。 この頃は全て食べている。 食べてさえいれば、それでいい。
    何度か息子の部屋へ行き、僅か3~4分位の話はしてきた。 「座る所が無い。せめてそれ位は片付けておいてくれ。」 そんな、シンプルな、無言がウェイトを占める会話だった。

     「これからどうする?」 息子が今一番嫌がる、聞いて欲しくない言葉は知っていた。
    そしてそれが、私が、今一番知りたい、聞きたい言葉だったことも。

     ひきこもりの日数が増えるにつれ、知りたい、聞きたい気持ちは増強する。
    町内の、息子と同じクラスの女の子も、数日おきに来てくれている。新旧のノートを交換しに!
    先生も、時折寄ってくださる。  息子と何を話されているのか?

     必要とあれば、言われるであろう。 学校での出来事は、学校に任せるしかあるまい
    地域は違うが、小学校の時、学校に先生に不必要に注文・文句を言う人を、見ているだけに!
    (今で言う、モンスターペアレントか)・・・・・これは子供をダメにする。 親の姿勢を見ている。

     いいじゃないか、若者にとって人生は長いんだ。
    不登校も、あるいは、ひきこもりも、その子にとって必要な時間だから、与えられているんだろう。
    必修科目の時間なのだろう。 (義務教育は、そう簡単には落第はさせないだろう!)


     だから、待った。 我慢した。 見て見ぬふりをして。 本当に言いたいことは我慢した。
    無視ではない。 息子の、一挙手一投足は見ていた。 只、黙って。
    親の我慢が無いと、解決しないと思った。だから、「へたくそ」と息子に言った生徒の事は眼中になかった。 これを書いていて、むこうは知らないだろうが、その子の父親と酒を飲んだことを思い出した。

     息子にいじめという課題を、親元にいる間に与えてくれた先生だと思えば、気が楽になる。
    また別の機会に記すが、中3の時、不登校の生徒を自転車で毎朝迎えに行ってた。遅刻しながらも。
     
     (日光東照宮・左甚五郎-三猿見ざる(薄目を開けて)・言わざる(心の中でブツブツ)・聞かざる(しっかりアンテナ張って)」・・・・地でいった。  舞台裏で、目一杯親も戦っていたのである。

     地域によっては、特異的には、夜間中学もある。 夜間高校もある。 大検(大学入学資格検定)もある。 その年代にしか出来ないこともあるが、やる気さえあれば、先での勉学の道もある。
     「勉強が遅れるのに・・・・」と言う妻の言葉に同調はしなかった。  今一番子供に必要なのは、勉強ではなくて、 精神的に元気になることだろう! 欲張ってはいけない。

     何かあって、「ただ生きてさえおってくれたら!」と思うような事態を考えてごらん!
    そんな言葉は、出てこないだろう・・・ 「ウン!」と妻も即答。

     一年遅れようが、二年遅れようが、そんな事は、我々夫婦にとって問題ではなくなっていた。

    15年間の大人のひきこもり (左をクリック) に出会って、特にそう思う。
    結果論であるが、小さな傷を、イエローカードを、見過ごしているな~! と。

                              ・
                              ・
                              ・

    ( レッドカードに、対応しきれない両親。 あなた方はご高齢でしょう。 息子を精神的に元気にしてやりましょうよ! のんびり散歩なんかしてていいのですか。 ・・・・私のほうがジタンダを踏んでいます。 ア~ジレッタイ! 息子すぐ40歳がきますよ!  私でよければ、裏方のお手伝いいくらでもしますのに! 公の機関にいくらでもアタックしますのに! ・・・すみません、愚痴りました。 )

     
     私だって、1年間の東京での浪人生活時代がある。 二浪、三浪の同窓生もいる。 
    浪人とはいえ、受かる保証は無い。 受かったスベリドメを棒に振っての浪人生活。  その時代のことは、財産とまでは言わないが、肥やしにはなっている。  ストレートでいった奴には、絶対味わえない。 不安だらけの一年間。予備校、半分近くは挫折で止めていった。

    肥やしになった一年間、時間は大事に使いたかった。

     だから、 大学二年の時は、東京都立赤羽高等職業訓練校 (左をクリック) の夜間の部に通った。 大学の友人が麻雀に明け暮れている時間に通った。 麻雀しに東京に行ったのではない。 だから、今でも麻雀は知らない(親との約束でもあったが・・)。
     アパートの家主さんが訓練校の保証人になって下さった。 このような事だったら、いつでも言いなさいと・・・涙がでた。

     試験の面接時、執拗に聞かれた。 「工業大学に行きながら何でここへ通いたいのか」と。
    理論は大学で、ここでは実技を実に付けたかったのである。

     当時、大学生で、訓練校に通う者は珍しかった。 「将来、訓練校の先生にならぬか」 と担任の先生方に誘いを受けた。  生沼先生、鈴木先生、ありがとうございました。   大学4年間に二つの卒業証書がある。

                              ・
                              ・
                              ・

     小学校6年、中学校3年という義務教育がある以上仕方ないが、その年数でも足りない子もいる。

     不登校の理由が分からない時は、親の世間体が優先した!
    だが、理由が分かるにつれ、息子をどの様にして見守ってやれるか、息子を主体に考えること優先!
    世間体を優先したら、進路・判断を誤る。 

    息子が、少しでもドアを開けてこちらを覗(のぞ)き見するようになるまで!
    息子が、自分でドアが開けれる様になるまで!

     黙って注意して、見守ってやろう。 時間は気にしないで。 俺達にしか出来ない。 
    今は、俺たちが防波堤だ!
    夫婦で一致したら強い。 世間なんか怖くない!

     私の知っている人に、社会人になって夜間高校に通った人。 郵便局に就職したが、自分にむかないと、大学に入り直し、今小学校の先生で頑張っている人。 (親に、良い相手がいたら紹介して、と頼まれているが・・・親思いで良い娘なのだが・・・私も力不足で・・・)

     営業マンで、得意先の人に馬鹿にされ、25~26歳位で大学に挑戦した人 (見事卒業し、弁護士になったとか聞いたが、定かでない)。
    工業大学に通いながら、医大へ受験し直し、入学していった奴もいる。


                大平光代-だからあなたも
     <大平光代 著 だから、あなたも生きぬいて・・・左サイドバー上側にも有>


     それより、極めつけの人がいる。 もっと壮絶な人がいる。女弁護士の大平光代さんだ。 1965年生まれ。(現在44歳)
     中学の頃いじめにあい、ナイフで腹部に5ヶ所・割腹自殺をはかる。 非行に走る。 観音様と蛇の刺青(いれずみ)をいれたのが16歳。 暴力団組長と結婚。 22歳で離婚。 クラブのホステス。・・・・・・・・・・・・・・・・・

     更生の道へ邁進(まいしん)するや否や、中卒の学歴で宅建取引主任者・司法書士次々合格。
    大学の通信教育部法学部から、29歳で最難関の司法試験に一発で合格。弁護士の道へ。

     大阪市の助役を経験し、現在、非行少年の更生に勤める熱血 女弁護士。
    背中の刺青は、生きてきた証し。 背負ったままで世の中の役に立つことがしたい と。
     (ぐらつく思春期の告白本、必読書。 立ち読みでもいいから読みましょう!人生観、変わります)
                (左サイドバー上側にも有)




     次回は、1994年5月-中学1年-ひきこもり ④-ひきこもり卒業!(完了) です。


                   

         オヤジも戦っております。 応援、お願いいたします。
         にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
         コメント (叱咤激励) 歓迎いたします。
          リンク も歓迎いたします。

    #008 15年間の大人のひきこもり ・ 緊急事態発生!

    [ひきこもり] ブログ村キーワード

    15年間の大人のひきこもり 緊急事態発生! (緊急) ・・・・2009/1/15

    申し訳ありません。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    次回は、1994年5月-中学1年-ひきこもり ③-ひきこもり卒業! です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    と前回書きましたが、もっと大変なことが身近に起こり(あり)ました。

     昨年、相談を受けました。 70歳を超えられた知り合いの男性。 
    「35歳になる息子のことで!  誰にも話してない事なんだけど・・・!」 との切り出し。
    私と13年の付き合いになる。 玄関の上の家族一覧(家族の名前が書いてある)の標識には、
    確かに男の子の名がある。 関西に就職している、と聞いたのは昔のはなし。

     今までそう思っていた。 一度も会ったことは無い。
    15年間も自宅の部屋で! 時折、夜になって散歩はしていた と。  もちろん仕事はしてない。

    エッ~!  しばらく、次の言葉が出てこなかった。 15年間のひきこもり!!
    本人はいたって健康。 高校中退し、働いていた20歳位の頃、会社でトラブルがあった。
    それから、15年間のひきこもり

     今まで、身近でこんな話しを聞いたことがない。 (後述の、市の職員もビックリしていた)
    30歳位までの社会復帰なら、青少年補導員管轄で扱う。 さてどうしたものか?

                 補導員手帳
                    <常時携帯の補導員手帳  外観 ・ 名称は、一部カットしております>


     青少年補導員、市長の任命はうけているが、ボランティアだ。 我が市で1400~1500人いる。
    長年するが、一銭ももらっていない。 アマチュアである。  この手の問題、何が出来る。

     私が悩んでも仕方ない。 その場で、市の少年課に電話を入れ、相談に伺うアポを取った。
    「私も行きますから、奥さんと三人で相談に行きましょう」 と誘いをかけた。
    が、15年間の沈黙を破ったその方は、首を小さく何度も横に振るだけだ。
    決して縦には振られなかった。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


     私に何が出来る。 問題が大きい。 私の中で葛藤が続く ・ ・ ! 
    私の息子を思い出す、ダブル。  何とかしてあげたい。 何とかしてやりたい。

     その方を知ってる妻にも、話してない。
    「ここだけの話し、誰にも言うな・・・!」で始まる内緒話し。
    夕方か、次の日には、多くの人が既に知っている-ことも多い。  内緒話しじゃないじゃん!

     昔は、皆知らないだろう位の気持ちで、得意げに話していた時期もある。
    今は、内緒話しと言われなくても、その人の不利となることは言わない、絶対言わない。

    まして、補導員をする様になってからは、なおさらだ。

     ウッカリ言った後は、不安で不安で! その人が言うのではないかと、なにも手につかない時期もあった。  信用して話してくれたのだから。 
    言わざる」がどれだけ平穏か、身にしみている。

     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
     過去、これを逆手にとって、解決した事例がある。  ストーカー事件
               下部の 続きを読む>> にあり。
     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

    そのような訳で、次回に延期です。 

     「次の記事はいつか、ひきこもりに直面している」とのコメントを下さったTさん、
    また、応援の真面目なコメントを下さったeditaの方々、本当にありがとうございます。

    青少年補導員会議主催の席上で(いや終了後に)、引きこもりに直面していると言われたEさん、
    話しが聞きたい(会議に出るのが待ち遠しい)と電話を下さったMHの保母さん、すみません。


     ひきこもり期間が長いだけに、先にお知らせいたしました。
    他人のことですから詳細は、今後の状況を判断した上で。

    次の記事を載せるまで、もう少しだけ待って下さい。

    すみません!


    続きを読む>>

    #007 ひきこもり ②-壁に書かれた-バカ・・死ね!

    [ひきこもり] ブログ村キーワード

                  バカ・視ねの上に描かれた壁の絵
                   <ひきこもりの間に、バカ・死ねの上に描かれた壁の絵;>


    ひきこもり ②-壁に書かれた-バカ・・死ね! (Jr.H) ・・・・2009/1/4

    テレビを壊してから、静かな日々が続く。


     息子の部屋から出てきた妻曰く、「壁の至る所に、落書きがしてある ・ ・ ・ ・ ・ ・
    バカ・死ね まで描いてある」 と。

     「壁の至る所に、穴も明いている」 ・ ・ ・ 「何をしてるの! これ以上描いたり壊さないで!」 と注意して来た と。    
    オイオイ、新居.に来てから2ヶ月だ、穴まで明けたか。  今度は、私がムカつく!

                   ・
                   ・
                   ・

     だが待てよ!  あの部屋は息子に与えた部屋だ。  好きに使えばいい。
    また壁紙を貼ればいい。  この時期自由にさせればいい。
    頭の中で結論出るまで、そう時間はかからなかった。


     「入るぞ」の言葉に、ドアの取っ手は軽く動いた。 叱られるの覚悟しての行動だったと思う。
    妻の言葉通り、油絵の具の黒で描いてある。 バカ・死ね・・・・数ヶ所に! 無数の穴も!

     「お母さんは、注意したらしいが、お前の部屋だ。 好きに使え、修理すればきれいになるから!
    と、無表情の息子に伝える。


    (写真上:壁の絵の下に、バカ・死ねが描いてある。 絵は後に、バカ・死ね の文字を隠す為に本人が描いたものである。)


                    壁の穴
                      <ひきこもりの間に、壁に明けた穴>

    (写真下:ひきこもりの間に、明けた穴。 パテで直そうとした跡あり)


    以後、静かな日々が続く。


     次回は、1994年5月-中学1年-ひきこもり ③-ひきこもり卒業! です。




    #006 謹賀新年

               謹 賀 新 年


                 本年もよろしくお願い致します

                                    平成21年元旦


    正月-扇子



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。